飲む量について

葉酸には推薦される摂取量というものがあります。これは厚生省が発表しています。まず、普通の日本人にとっては200μgの葉酸を摂取するべきとされています。葉酸というのは血をつくるビタミンとされており、血液やタンパク質を生成するために必要な栄養素となっているのです。そのため、不足してしまえばさまざまな健康リスクが生じてしまうでしょう。
毎日の食事の中でしっかりと葉酸を摂取することが大切なのです

貧血また、妊婦の場合はより多くの葉酸が必要とされます。妊婦の場合は1日に400μgもの葉酸が必要とされているのです。赤ちゃんの成長のために必要となります。特に妊娠初期の間にはしっかりと葉酸を摂取していなければ、赤ちゃんの発生に大きな影響を与えてしまいます。また、妊婦にとっても、貧血や妊娠中毒症を避けるために葉酸はしっかりと摂取するべきです。

ただし、葉酸には上限量というものが決まっています。これは1000μgまでとなっています。これ以上たくさんの葉酸を摂取してしまうと、逆に健康に対して被害が生じてしまうでしょう。決められた量をそれぞれ守って葉酸を摂取するようにしましょう。ただし、普通の人については野菜や果物をしっかりと食べていれば葉酸を摂取できます。しかし、妊婦の場合は不足しがちなため、葉酸アプリの利用をおすすめします。

★関連記事★